大腸ポリープ切除

大腸ポリープ切除の必要性

大腸ポリープは大きくなると、表面の一部からがんが発生し、徐々に大きくなって進行がんになっていきます。進行がんになると、リンパ節転移や他臓器への転移の可能性があるため内視鏡での切除は不可能になってしまいます。大腸がんは進行しないと症状が現れませんが、内視鏡ではポリープの段階で発見し、切除することができます。良性の大腸ポリープのうちに切除してしまえば、大腸がんの予防になります。

大腸がんは遺伝性のあるがんと言われておりますが、食生活の欧米化により罹患数も増えてきています。がんによる死亡率では、大腸がんがすでに女性では第1位になっており、男性でも第3位です。また、罹患数や罹患率は2020年に男女とも第1位になるとされています。

厚生省班会議が行った多施設共同研究では、ポリープを切除した群の5年後大腸がん罹患率は0.7%、10年後が2.2%、ポリープを切除していない群の5年後大腸がん罹患率は1.0%、10年後は5.2%という結果が出ています。これにより、ポリープを切除することで大腸がんになる確率は有意に低くなることが証明されました。ポリープを内視鏡的に切除することは、大腸がんを減らすことに役立っているのです。

日帰り大腸ポリープ切除について

当院では、大腸内視鏡検査の際に、大腸ポリープや早期大腸がんが発見された場合には、その場で病変を切除しています。検査同日の日帰り手術ですので、検査の時にまず観察だけに留めておいて、後日もう一度下剤を飲んで準備するといった必要がなく、入院の必要もありません。

ただし、その場ですぐにポリープを切除できない場合もあります。1回で取れるポリープの数は5個以内、サイズは1.5cm以下が目安であり、それ以上の場合は2~3度に分けて切除する必要があります。大きなポリープがあったり、血液をサラサラにする抗血栓薬を内服している場合は、切除の際に入院が必要になりますので、信頼できる医療機関をご紹介しています。

ポリープを切除した場合、術後の出血予防のために検査後1週間は、飲酒、運動、旅行を控えていただきます。

当院では最新鋭の内視鏡システムを使って、切除可能な病変を内視鏡的ポリペクトミー(コールドポリペクトミー)や内視鏡的粘膜切除術といった手法で切除しています。ポリープ切除となった場合、最短で3回ご来院いただけば治療は終了です。

内視鏡的ポリペクトミー

スネアをポリープにかけて締め付け、切り取る治療法です。切除したポリープは回収して組織検査を行います。5~10ミリ程度の小さなポリープを安全に切除するために有効な手法です。

当院では、電流を用いてポリープを切除するポリペクトミーという手法と、電流を使わずに切除するコールドポリペクトミーを行っております。当院では、ポリープの大きさによって治療法の選択を行います。

ポリペクトミー

ポリープ切除で一般的に行われる方法で、内視鏡の先端についているループ状の電気メス(スネア)をポリープの付け根にひっかけます。徐々に電気メスを締め、電気を流して焼き切ります。切り取ったポリープは、顕微鏡で検査(病理検査)をし、がん細胞がないかを調べます。

ポリペクトミー

コールドポリペクトミー

コールドポリペクトミーは電流を使わずに切除する方法です。
これまでは、大腸ポリープの切除方法は、上記のポリペクトミーが一般的でした。ポリペクトミーは、術中の出血が少ないというメリットがありますが、切除した部分が炎症を起こし、出血や穿孔などの合併症を起こす可能性があります。
コールドポリペクトミーは、病変部位だけをそのまま切除するだけなので、術中の出血は多くなりますが、粘膜を傷つけずに治療ができるため、術後の出血は少なく、合併症の危険性も低い安全な方法です。

コールドポリペクトミー

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

平坦なポリープや早期大腸がんに生理食塩水を注入してからスネアをかけて締め付け、切り取る手法です。回収した組織は検査を行います。

ポリープや大腸がんは腸の一番内腔を覆っている層である粘膜層から発生し、成長していきます。そのため、早期のポリープや大腸がんは平坦なことがよくあります。
この手法では、粘膜層のすぐ下の層(粘膜下層)に専用の液体を注入することで粘膜層を持ち上げますので、平坦なポリープや早期大腸がんを切除しても筋肉より深い層(腸に穴があいてしまう層)に通電されることがなく、より安全に、そして確実に切除できます。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

大腸ポリープ切除後の合併症について

大腸がん予防に効果的な内視鏡によるポリープ切除は、経験豊富な医師が行うことで安全性が高まりますが、日帰りとはいえ手術ですから、合併症が起こる可能性はゼロではありません。

術後出血の可能性について

ポリープ切除後のトラブルの中で最も多いのは、傷口からの出血です。どれほど熟練した医師でも、この術後出血をゼロにすることはでいません。術後出血は数百例に一例程度の頻度、約1%程度発生するとされています。

ほとんどは切除後2~3日以内に起こり、1週間を過ぎると限りなく0%に近づいていき、便に血液が混じる場合も少量の出血であれば自然に止血されます。したがって、多くは安静にして様子を見るだけで大丈夫です。ただし、便全体がほとんど血液といった大量の出血がある場合には、大腸内視鏡で止血術を受ける必要があります。

大腸穿孔の可能性

大腸穿孔が起こった場合、緊急の開腹手術が必要になることがあります。
数千例に1例という極めてまれな頻度ですが、大腸ポリープの内視鏡切除後に大腸穿孔が起きる可能性があります。ほとんどは、大きなポリープを無理して切除したり、電気を通し過ぎた場合に起こるため、熟練した医師による内視鏡切除ではよりリスクが低くなります。

切除後の注意点

日帰りのポリープ切除も病変部の切除を行う手術です。そして、切除したポリープの大きさや形、数、内部の血管性状によって予期せぬ出血や穿孔といった合併症が起こる可能性もゼロではありません。

当院の日帰りポリープ切除は、合併症を防ぐために、そして万が一合併症が起こった場合にもすぐに適切な対処や治療ができるよう、治療を受けられるご本人にもいくつかの条件や生活制限を守っていただくことが不可欠になっています。

切除後、1週間禁止する必要があるもの
  • アルコール摂取
  • 力仕事や腹圧のかかる仕事、ゴルフを含めた激しい運動
  • 長時間の車の運転や飛行機などでの旅行
  • 入浴(シャワーは切除翌日から可能です)
食事制限

切除当日は検査食を摂取し、翌日からは検査食や柔らかく消化の良いものから徐々に普通食に戻していきます。

大腸ポリープ費用

1割負担 3割負担
大腸内視鏡 2,000円 6,000円
大腸内視鏡+ポリープ切除(1部位) 9,000円 24,000円
大腸内視鏡+ポリープ切除(2部位) 10,000円 27,000円
大腸内視鏡+ポリープ切除(3部位) 11,000円 30,000円

※何か病変があり組織検査施行した場合は上記金額プラス組織1部位につき
約4,000円~11,000円(3割負担の方)かかります。

口コミを見る口コミを書く