外科

当院の外科について

当院では一般的な外科診療として、擦り傷や切り傷といった外傷、やけど、粉瘤のような皮下腫瘍切除や巻き爪の治療などを行っています。大学病院で外科のキャリアを積んできた専門医が丁寧な外科処置を心がけており、湿潤療法を取り入れています。これは、滲出液を封じ込めて湿った状態で治していく方法で、健康な皮膚が消毒薬によるダメージを受けないため、痛みが少なく、早くきれいに皮膚が再生されるというメリットがあります。
なお、重度のやけどなど、高度医療機関での治療が望ましい場合には、信頼できる病院をご紹介しています。

診療内容

  • 外傷(擦り傷・切り傷などのケガ)
  • やけど
  • 皮下腫瘤(粉瘤など)
  • 巻き爪・陥入爪
  • 手術後のケア  など

粉瘤(アテローム)

粉瘤(ふんりゅう/アテローマ)は、皮膚の中に袋ができる腫瘍の一種で、この袋は皮膚と同じ構造を持っています。皮膚と同じ構造の袋が皮膚の中にできてしまった状態です。悪性ではありませんが、放置していると大きくなってしまったり、中で細菌感染を起こししたり、袋が周囲に癒着するなどしてしまう可能性があります。きれいに治すために、早めにご相談ください。

 

症状

頭、顔、背中、おしりにできやすいのですが、基本的に身体のどの部分にもできる可能性があります。皮下にできた袋に垢がたまり、しこりのような感触がありますが、細菌感染を起こしたものは炎症性粉瘤と呼ばれ、この状態になると赤み、腫れ、痛みを生じます。急激に膿がたまって粉瘤が大きくなることもよくあります。
しこりが気になってご自分でつぶしてしまうと、細菌感染しやすくなりますのでご注意ください。

原因

ケガやヒトパピローマウイルスの感染、ピアスの穴などが原因になっているケースがよくありますが、原因がわからない場合も多くなっています。また、粉瘤ができやすい体質によるものもあります。

検査と治療

当院では、できるだけ傷跡が目立たない外科手術を行っており、粉瘤に関しては基本的に「くり抜き法」という小さな傷跡で手術できる手法で治療しています。また、縫合を行わなければ、よりきれいに早く治りますので、必要がない場合にはできるだけ縫合しなくてすむようにしています。

炎症がひどい場合にはいったん切開して膿を出し、炎症が治まってきた時期に改めて袋を取り出します。そうした際にも「くり抜き法」をできるだけ使うようにしています。繰り返し同じ場所にできている粉瘤や、癒着がある場合にはくり抜き法が使えないケースもありますが、通常の切開でも傷口を可能な限り小さくすること、そしてできるだけきれいに治るように丁寧に治療を行っています。

治療費用

粉瘤の手術は健康保険が適用されます。
手術する場所や粉瘤のサイズにより費用は変わってきますので、目安となる費用をご紹介します。

非露出部(半袖・半ズボンで隠れる場所にある粉瘤) 1割負担 3割負担
直径3cm未満 1,280円 3,840円
3~6cm未満 3,230円 9,690円
6cm以上 4,160円 12,480円

※別途、消費税がかかります。また、局所麻酔代や軟膏代等として約500~600円、病理検査代として約3,000円が必要になります。

 

露出部(半袖・半ズボンで隠れない場所にある粉瘤) 1割負担 3割負担
直径2cm未満 1,660 4,980円
2~4cm未満 3,670 11,010円
4cm以上 4,360 13,080円

 

※別途、消費税がかかります。また、局所麻酔代や軟膏代等として約100~200円、病理検査代として約1,000円が必要になります。

巻き爪とは

爪の両サイドが食い込んでいる状態です。ほとんどの場合、足の親指に起こります。皮膚を巻き込んで炎症を起こしている状態は陥入爪(かんにゅうそう)と呼ばれます。出血や運がたまる膿瘍を起こしやすく、痛みで歩行もままならなくなる場合もあります

 

 

巻き爪の原因

深爪、特に足の親指の爪を切る時に、両サイドを深く切ってしまうことで巻き爪になるケースがよくあります。また、サイズの合わない靴やハイヒールなどによって指先に大きな負担がかかって発症する場合もあります。また、日常的にあまり歩かないと巻き爪になりやすく、長期入院などで発症するケースもあります。

巻き爪の治療法

巻き爪の治療は、ワイヤーを使った矯正、抗生剤の内服などの保存的療法、そして外来の小手術による根本的な治療があります。ワイヤーでの矯正は治療期間が長いわりに再発が多いため、当院では外来で受けられる小手術をおすすめしています。


巻き爪の手術では、原因となっている爪の根本の爪母(そうぼ)までを切り抜きますので、再発はありません。手術内容は、足への麻酔の後、血を止める駆血(くけつ)を行ってから爪母までを切り抜き、膿瘍などをきれいに切除するもので、10分程度の所要時間です。

治療費について

巻き爪・陥入爪の手術は健康保険が適用されます。

3割負担で約6,000円~8,000円が目安です。別途消費税がかかります。

口コミを見る口コミを書く