一般外科

当院の外科について

当院では、切り傷や擦り傷などの外傷ややけど、怪我、などの一般的な外科診療も行っております。手術後のケアが必要な方の診療も可能です。また粉瘤(アテローム)などの皮下腫瘍や巻き爪の外来手術にも対応しております。お困りの際は、お気軽にご相談ください。

診療内容

  • 外傷(擦り傷・切り傷などのケガ)
  • やけど
  • 皮下腫瘤(粉瘤など)
  • 巻き爪・陥入爪
  • 手術後のケア  など

やけどについて

やけどとは火や熱いお湯などに触れ、熱によってできた傷のことで、熱傷とも言います。

やけどをしてしまった場合、すぐに冷たい水で冷やすことが重要です。冷やすことで、痛みを緩和することができます。顔にやけどしてしまった場合は、冷たいタオルで冷やすことをお勧めいたします。水ぶくれができている場合はできるだけ破かないように注意してください。できるだけ傷を残さないためにも早めに受診してください。

粉瘤(アテローム)について

粉瘤とは、皮膚の下にできた袋状の構造物の中に、古い角質や皮脂がたまってできた良性腫瘍のことです。アテロームとも言われます。身体のどの部分にもできる可能性があり、特に頭、顔、背中、おしりにできやすいです。

良性腫瘍とは言え、放置してしまうと、粉瘤が大きくなったり、細菌感染により炎症を生じて痛みが伴う場合もあります。また、粉瘤が周囲に癒着してしまうと、きれいに切除することも難しくなってしまうこともありますので、粉瘤に気づいたら早めに受診するようにしてください。

粉瘤の治療

粉瘤は薬では治すことができないため、切除する必要があります。当院では、粉瘤の外来手術を行っております。
粉瘤が化膿してしまっている場合は、一度膿を取り除き、数日後に粉瘤が小さくなってから切除を行います。

巻き爪・陥入爪について

足の指の爪の両端部が、内側に湾曲した状態を巻き爪と言います。ほとんどの場合、親指で起こりますが、他の指でも起こることもあります。巻き爪が進行すると、爪が食い込んで痛みが生じることもあります。さらに悪化すると化膿してしまったり、歩けなくなるほど激しい痛みが伴うケースもあります。

巻き爪は深爪や、サイズの合わない靴ハイヒールにより足の親指に負担がかかってしまうことで発症します。

巻き爪の治療

当院では、局所麻酔下で巻き爪の外来手術を行っています。

口コミを見る口コミを書く